SBJ/日本スノーボード産業振興会
SAFETY
SAFETY SNOWBOARDER
SBJ Safetyキャンペーンのご紹介
今までのキャンペーンの推移


SBJが発足し活動を開始した1995年、スノーボード人口の急激な増加、特にビギナー層の急増とともに初心者の事故が急激に増加する状況に陥り、SBJはスノーボード業界発信の安全対策活動の一環として
「Safetyキャンペーン」をスタートさせました。

*96/97シーズン〜
専門雑誌/snowstyle・TRANSWORLD SNOWboarding japan・snowboard(以上は現在休刊)・雪坊主・Freerun(1999年〜)・snowboarder(2004年〜)の協力による広告出稿や、ポスター(スキー場、ショップを中心に配付)・ステッカーの配付を通じて、主に初心者を対象に啓蒙活動を行ってきました。

*99/00シーズン頃〜
中級者以上のジャンプによる自滅事故・接触事故、コース外滑走による事故等の問題が増加し、怪我予防、注意喚起のための安全啓蒙活動をスタートさせました。
*09/10シーズン頃〜
ファミリーで楽しむ親子の怪我予防の安全啓蒙まで活動の幅を広げました。

*14/15シーズン〜
コース外滑走のみならずバックカントリーでの滑走事故があいついだ為、広告の全面的なリニューアルをはかり、時代にマッチした安全啓蒙活動を行いました。

*18/19シーズン〜
日本人のみならず、インバウンドの増加に伴い、スノーボード装着時にボードを流してしまう事故が近年再び増えて来ました。そこで接触事故を一件でも減らすべく、注意喚起のための安全啓蒙ポスターを制作しました。

Safetyキャンペーンの活動のキーワード

(1)安全意識の向上(SAFETYスノーボーダー宣言/事故を起こさない気持ち)
(2)安全チェック(用具や滑り方の知識を得て、事前に危険を避ける)
(3)自己責任(自分の技術を認識し、自分で危険を避ける)
上記のようなポイントに基づいて、広告、ポスターを作成し、スノーボーダーに安全を呼び掛けています。

Safetyポスター

SAFETYポスター
【15/16Safetyキャンペーンポスター】
(JSBA日本スノーボード協会と共同制作)

コース外滑走・バックカントリーなど、パウダー時での滑走事故が増えてきた事を受け、15/16シーズンよりパウダー事故での安全滑走啓蒙へとビジュアルを変更しました。
ポスター内では「パウダーライディングは装備を含めて準備をしっかりしないと大きな危険を伴う」「しっかり準備をしていても絶対安心とは言えないから注意して」と言う想いを込めて英文とともにメッセージを掲示しました。

★ポスターのデータは以下よりダウンロードが可能です。(A4版PDF:35.7MB)
データはご自由に印刷して頂けますので、目的に応じたスペースにてご使用ください。


なお、18/19〜のSafetyポスターは、インバウンド増加に伴う注意喚起のため、日本語、英語以外に、中国語(簡体字)、韓国語、タイ語も載せ、多言語対応としています。

 

18/19〜safety

【18/19〜Safetyキャンペーンポスター2】
日本人のみならず、インバウンドの増加に伴い、スノーボード装着時にボードを流してしまう事故が近年再び増えて来ました。そこで接触事故を一件でも減らすべく、注意喚起のための安全啓蒙ポスターを制作しました。

内容は、日本語をメインに5か国語(日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語)を載せ、イラストを見ただけで日本人、外国人関係なく、お子さんから大人まで、何を訴えているのかが一目でわかるよう、スノーボードをデフォルメしたイラストを用いています。
スノーボードを流さないように注意しての装着、またリーシュコードやヘルメットの着用を呼びかけています。


★ポスターのデータは以下よりダウンロードが可能です。(A4版PDF:60.8MB)
データはご自由に印刷して頂けますので、目的に応じたスペースにてご使用ください。




パークSafety SMART STYLEポスター
※SMART STYLEに関する詳しい内容はこちら



SAFETY SNOWBOARDERになるために
SAFETYのジョーシキ
PAGE TOP